萠芽会会則

第 1 条  (名   称)

本会は萠芽会(浪速工業会機械電気科部会)と称する。

 

第 2 条  (目   的)

   本会は会員の協力によって親睦と知識の向上をはかり、産業界の発展に寄与することを

目的とする。

 

第 3 条  (事 務 局)

   本会は事務局を大阪市立都島工業高等学校機械電気科研究室におく。

 

第 4 条  (会   員〉

   本会の会員は次の通りとする。

    1. 正 会 員   機械電気科卒業生

    2. 在校生会員   機械電気科在校生

    3. 特別会員    機械電気科職員および元職員

    4. 賛助会員    本会の事業に賛助し、役員会で認められた者。

 

第 5 条  (構   成)

   本会の構成は卒業生部会と在校生部会とに分ける。

   在校生部会については別に定める。

 

第 6 条  (役   員)

本会は次の役員をおく。

.  会 長             1名

.  副会長             2名

.  会計監査            1名

.  総務、会計、事業、編集     若干名

.  顧 間             若干名

.  クラス幹事 卒業期クラスに1名

 

第 7 条  (選出方法)

    役員の選出は次の通りとする。

    1.  会長、副会長、会計監査は役員会において推薦し総会で決定する。

    2.  総務、会計、事業、編集の各担当は役員会において決定する。

    3.  顧問は役員会の推薦により会長が委嘱する。

    4.  クラス幹事は正会員中より卒業期クラスに選出する。

 

第 8 条  (任   務)

   役員の任務は次の通りとする。

    1.  会長は本会を代表し会務を統括する。

    2.  副会長は会長を補佐し、会長支障あるときはこれを代行する。

    3.  会計監査は本会費の収入、支出一切に関する監査を行う。

    4.  総務、会計、事業、編集担当は役員会及び各種の行事、会議に出席し

      それぞれの会務を処理する。

    5.  クラス幹事は役員会及び各種の行事、会議に出席し会務の処理とクラスの

      取りまとめを行う。

 

第 9 条  (任   期)

   役員の任期は2年とする。ただし再任は妨げない


第 10 条  (補欠役員)

   役員に欠員を生じたときは補欠選出をする。

   補欠役員の任期は前任者の残任期間とする。

 

第 11 条  (総   会)

   卒業生部会は原則として毎年1回開催する。

 

第 12 条  (総会の議事)

   総会は次の議事を行い議決する。

    l. 会務報告おび会計報告

    2. 会則の改定

    3.  役員の選出

    4. その他会長が必要と認めた事項

 

第 13 条   (役 員 会)

役員会は第6条の役員によって構成し、必要に応じて会長が招集する。

 

第 14 条    (議 決 権)

   会議の議決は当日出席者の過半数による。

 

第 15 条    (経   費)

   本会の経費は浪速工業会還元金、寄付金などを之に当てる。

 

第 16 条    (会計年度)

   本会の会計年度は4月1日より始まり、翌年3月31日までとする。

 

(附  則)

1.本会則に定められていない事項は役員会にはかり、会長が処理する。

2.在校生部会は別に定める会則に基づいて運営する。

 

昭和50年5月25日制定

昭和53年6月24日改定

昭和61年6月28日改定

平成13年6月16日改定